ワンポイント金融情報辞典

借金を整理するのが債務整理

借金をするときに、最初から返済しないつもりで借りる人はいないでしょう。 きちんと返済できる予定で借りたにもかかわらず、何らかの理由で返すことができなくなってしまうこともあります。 借りていれば利息が発生して借金の金額は大きくなっていきますから、利息の増えるスピードが収入を追い越すと、どうやっても返済ができなくなるのです。 このようなときには借金を何とかしなければなりませんが、そのための手続きを債務整理と呼びます。 今すぐに20万借りる方法くらいであれば返済も可能でしょうが、高額借り入れの(爆)場合には返済が滞ってしまうケースも考えられるのです。 債務整理には、主なものとして自己破産、任意整理、個人再生、特定調停などがありますが、キャッシングなどを利用して返済が出来なくなってしまった場合には自己破産と任意整理が多く用いられます。 自己破産をすれば借金は全てなくなりますが、財産として保有しているものを手放さなければなりません。 借金の金額が大きすぎる場合には自己破産をしなければならない場合もありますが、デメリットは非常に大きいと言えるでしょう。 任意整理は債権者と話し合って返済方法を協議する方右方を指します。 もはや返済することができないというときに、例えば将来の利息をカットしてもらって、毎月返済できるだけ返済をしていくというような交渉を行う事が必要となります。 任意整理と言っても法的に何らかの決まりがあるのではなくて、あくまでも債権者と相談をするということですから、それぞれでどのように整理ができるのかはケースごとに異なっています。 どの方法が良いのかは、素人にはなかなか分かりませんから、司法書士や弁護士などの、法律の専門の方に相談をするのが良いでしょう。