ワンポイント金融情報辞典

契約限度額と借入極度額の違い

キャッシングやローンを利用する際に出てくる用語に契約限度額、借り入れ極度額という用語があるのをご存知でしょうか。 この用語は金融商品の契約や利用の際に必要で、その意味を理解しておくことをおすすめします。 またこの2つは似ていますが、少し意味が違うので、それぞれの特徴を理解しておきたいものです。 契約限度額というのは利用者が金融機関から借りられる最大の金額の限度です。 この金額は金融機関が申込者を審査して設定します。 この限度額は利用者の属性や信用情報をもとに返済能力を判断して設定されますので、全ての人が同じというわけではありません。 借入極度額というのは実際に利用者が借りられる最大の金額の限度のことで、契約限度額の範囲内で金融機関が設定します。 これは繰り返しキャッシングできるカードローンやキャッシング専用カード、クレジットカードの利用限度額などに使われるもので、金融機関が50万円と設定すれば、利用者はその範囲内で借り入れすることができるということになります。 すぐにお金を借りる場合に便利なカードローンですが、一般的に借り入れ極度額は最初の設定後に変更が可能です。 これは利用者が「もっと多く借りられるようにして上限を上げてほしい(または下げてほしい)」と申請した場合や、金融機関の判断で極度額を上げたり下げたりするといったパターンで変更されます。 上限を上げてほしいと申請した場合には金融機関のほうで再審査があり、問題がなければ極度額は上がりますし、利用状況によっては審査の結果からお断りされてしまうかもしれません。