ワンポイント金融情報辞典

気になる?ブラックリストの存在とは

ブラックリストとはお金を貸す業者における隠語といいますか、業界用語のようなものです。 貸してはいけない、返済されない危険性のある顧客としてピックアップされた状態を指します。 この貸してはいけない客とされてしまう情報の源となるのが、信用情報登録機関という第三者機関です。 この機関は公正中立な立場において、貸金業者などの契約者の個人情報および、借入状況などの信用情報を一括で管理しています。 もし、履行遅滞や返済不能といった事態に陥ると、この信用情報に登録されてしまいます。 自己破産や民事再生などの公的な債務整理を行った場合も、登録されます。 そして、こうした返済能力に大きく関わる事項については、5年から7年は抹消されずに、記録として残ります。 貸金業者等は借り入れの申し込みがあると、信用情報登録機関に照会をし、自社のみならず他の業者での借入状況や返済トラブルについて調べ上げます。 そこでこうしたリスクの高い信用情報を持つ客がいれば、いくらお金が借りたいと思っていても貸さないと判断されてしまうのです。 そのため、一般的にはこうした信用情報に登録されていることをブラックリストに載ったなどといい、少なくとも記録が抹消される迄の間は新規の借り入れや、クレジットカードの作成ができなくなるでしょう。 逆に自分がブラックリストに載っているかどうかは、自分の過去を振り返ればある程度分かることです。 これまで借り入れの経験が一切ない方、借りても問題なく約束通りに返済されている方は心配する必要はないでしょう。