ワンポイント金融情報辞典

お金を借りる時は他社借入件数を申告します

お金借りる方法のなかでカードローンが便利ですが、金融機関に融資の申し込みをする時、他社借入件数も申告しなければいけません。 これはその時点でほかのどこかからお金を借りているかどうかを報告するものです。 完済している場合は関係ありませんが、返済中の物は報告する義務があります。 金融機関の方はその情報を見て、その人にどれだけ貸す事が出来るか、貸しても良いかを判断するのです。 したがって、審査をスムーズに通りたい、融資を断られたくないと思うのであれば出来るだけその件数は少なく抑えておくようにしましょう。 やはり色々なところからお金を借りている状態という事は、それだけその人に金銭的な余裕がない状態だという事を示す事になります。 従ってしっかりと返済してもらうことができないだろうと判断される事もあり、結果的に融資が断られてしまうこともあるのです。 だったら実際の件数よりも少なく申告すれば良いのではないかと思う人もいるかもしれませんが、それはお勧めする事が出来ません。 まず借入れの申し込みの時は全て正直に話す必要があるからです。 これらの情報に関しては、金融機関側は調べる事が出来るので簡単にそれが本当か嘘かはわかってしまいます。 もしそれが嘘だと分かった時は信用を失うことになり、融資は受けられなくなってしまうのです。 従って、融資の申し込みの時は他社借入件数を正直に申告する様にしましょう。 ただやはり心象を考えるとあまりにも多すぎるのは良くありません。 だから日頃から色々なところで借りないようにする、それが非常に重要になってきます。